夕焼けこやけの赤トンボの絵と歌と【絵と詩とデジカメで実写、そしてちょっとお話】

挿入テキスト

2006年09月26日

夕焼けこやけの赤トンボの絵と歌と

赤トンボとススキの風景トンボ=赤トンボと思えるほどに、
夕焼けこやけの赤トンボの童謡は心に染み付いている。

赤トンボの歌詞を逆さまから読んで唄う特技?を持っている!
まともに唄うより、妙に哀愁を感じると一人勝手に思う。
せめてこんな事でも自慢にしたい。

小学4年生の女の子に、教えると一度で覚えてしまった。
今の子供たちにも赤トンボの曲は、しっかりと心に刻まれているようで嬉しい。

 

赤トンボと聞くと愛らしく思えて、
トンボと聞くと、ひょうきんでトボけて聞こえるのは、私だけ?

                  ・・・・・・ 何故、「極楽とんぼ」と言うのでしょうか。

そういえば、赤トンボを見たことがあるのだろうか。
赤トンボでは無さそうなトンボはよく見ていたような気がする。


記憶の底から、引っ張り出してみると
川べりの田んぼの上で舞い遊ぶトンボの群れを思い出す。
あれは、果たして赤トンボだったのだろうか。


空間で、一瞬止まって、スイーッと流れるように飛ぶトンボ。
川面のミズスマシかアメンボウのように。
ヘリコプターが空中で止まるのは、トンボの動きの真似?


とぼけた事ばかり行ってないで、赤トンボを検索してみる。
なんと、赤トンボ論争というのがあって、
なんと、赤トンボは、学術名では無いらしい。
学術的な話は苦手だけれど、筆者の方の、
「赤トンボの正式名がどうあれ、赤トンボは赤トンボのままで・・・」という

ご意見に大賛成であります。

綺麗なトンボの絵と丁寧な分かり易い記事は、
苫小牧民報社HOMEネイチャーらんどHOME赤トンボから。

 
「赤トンボと夕焼けの絵」イラスト・カット
 





★★★

**************


posted by coroco at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 赤トンボと歌と絵と
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
http://rss.rssad.jp/rss/6FC4ERTkAWu4/rss_0001
晴れ 晴れ 晴れ












「PhotoShop入門」もあるよ


ページランク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。