敬老の日のお祝い【絵と詩とデジカメで実写、そしてちょっとお話】

挿入テキスト

2006年08月20日

敬老の日、特におじいちゃんには・・・

じいちゃん
 
敬老の日のお祝いには、何がいいかというと、
実はこれが難しい。
おばあちゃんの場合、お花だとか、好みのものが
色々あるので、品選びにはさほど苦労はしないけれど、
問題は、おじいちゃんの方。
お祝い事は、敬老の日だけではない。
誕生日もあれば、父の日・母の日もある。
両親健在ならば、一年に6点の品選びをすることになる。
夫婦それぞれの両親という事になれば、計12点。
敬老の日、ご健在で喜ばしい事ではありますが、さてと
・・・どうすべ。
 
 マメにやろうとするとひと月に一回の割合でプレゼントを考えなければならない。
 実際、敬老の日も、誕生日も父母の日も、構えていないと、気が付かば
 過ぎていたナンテ事はしょっちゅう。
 うっかり忘れていたふりをして、無視する場合も実のところ多々ある。

 おじいちゃんは、値段の張るものを好まないし、分不相応だと敬遠する。
 やっぱり、好きな五目飯で今年も済ませるかなっと。
 ペアの器にでも入れて。
 
posted by coroco at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 敬老の日のお祝い
http://rss.rssad.jp/rss/6FC4ERTkAWu4/rss_0001
晴れ 晴れ 晴れ












「PhotoShop入門」もあるよ


ページランク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。